読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンジャ小屋

ニャンジャの隣にはサツマイモが転がってるだけ…。

2017年はニャンジャ年だった!?

ニャンジャが、なぜ「野菜ネコ」を名乗ってるのか……それは、ニャンジャが野菜を作る仕事をしてるからだニャン!!

今年も、ニャンジャはどんどん新しい野菜を生産し続けるニャン。

 

しかし!

今年のニャンジャはそれだけでは終わらないニャン。

今年から、ドイツ語も勉強しますニャン!

ドイツ語ネコにもなってドイツ語ペラペラになるんだニャン。

 

しかし!

今年のニャンジャはそれだけでは終わらないニャン。

今年から、ネコの雑貨も作るんだニャン!

ネコ雑貨を作って雑貨ネコになるんだニャン。

 

ネコ雑貨?雑貨ネコ?どっち…??

にしても…ほんとにできるのかニャ?

こう見えてニャンジャ、すごい不器用ですから。

うん…知ってる😞

 

ニャンジャは、すぐいろんなものに影響されるからにゃ~…あれもやりたいこれもやりたいって、見たもの何でもやりたいタイプのネコだけど、それが出来るのかどうかは考えない。とにかくやってみたいと思うだけで、やらない…

 

でも、何でもできなくても、一つだけでもいいけどニャ~。

例えば、特技があるなら、それだけをやり続けるとかね…。

 

何でもできる人って憧れるけど、ニャンジャなどはただのかわいいネコなので、何もできません😞

うーん……ニャンジャの特技を見つけたい。ニャンジャの特技…それは?

・足が速い。

・歌が上手い

 

そう、ニャンジャはなかなか美しい歌声を奏でることができた。こう見えてニャンジャ、ウィーン少年合唱団に在籍したことも……ない!!

 

それは全部ニャンジャの見た夢なんだ。

「何も持たないニャンジャは、この世界を生きることができない。」

 

そんなラノベのタイトルみたいなこと言ってもだめ

 

宮沢賢治の「手紙  二」っていう短い作品に、「卑しい身分の女」という人物が出てくるけど、その人はどんな高い身分の王様にさえできなかったことができた。

それは、ガンジス川の流れを逆さまにすることだった。

 

にゃるほど!きっとどんな人にも、自分にしかできないことがあるってことを言いたかったんだにゃ、賢治は。

 

ニャンジャはもしかしたらこの世で唯一、世界を救うことができるネコなのかもしれない。

「何も持たないニャンジャは、この世界を救うことができる」

そんなラノb(以下略)

 

でももしも、この世界で自分にしかできないことがあったとしたら、やるべきですニャ!

今年はニャンジャにしかできないことをやらかしたい。そしてこの世界を少しでも良くできたなら…

ニャンジャと世界を救う人を募集…

 

まぁそんなこんなで、2017年もニャンジャをよろしくお願いしますニャ。。

 

ドイツ語で読む世界の童話(German Edition)

ドイツ語で読む世界の童話(German Edition)

 

 

ニャンジャ。