読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンジャ小屋

ニャンジャの隣にはサツマイモが転がってるだけ…。

ニャンジャカボチャの復活!?

f:id:nekokuro2510:20160715105701j:plainカボチャの葉っぱ。 

 

ニャンジャは野菜を作る才能があったよニャ。。

野菜しか作れないからなニャンジャは(-_-;;)

でも、カボチャの出来はイマイチだったんだ……

それで、またカボチャを植えようと思い、肥料を入れてある穴から肥料を掘り出そうとしたんだ。(ちなみにニャンジャの言う肥料とは、野菜クズとか生ゴミのことです)

 

そしたら、穴の中から、緑色の苗が出てきた!!

それは、カボチャの苗だった!

 

ニャンと!?

 

肥料穴の中からカボチャの苗が、6個も出てきた!

かぼちゃを育てる前に畝を耕して、肥料を施そうとしたらもう既に苗ができてたとは……

これはきっと、神様からの贈り物なんだ。

「ニャンジャよ…お主にはカボチャ苗6を授けよう、しっかり育てるのじゃぞ。」

って?

違う。ホントは去年捨てた未熟カボチャの中に入ってたタネが発芽して育っただけ…。

 

そんで、ニャンジャはこのカボチャ苗6個を無事に植え替えて、また新たに数を増やすことにしたのだった。

 

カボチャは、暑さに強いのかと思ってたんだけど、気温30度になると実が付きにくくなるらしいんダニャー(-_-;;)

なのでこれから植えたほうが、実をつける頃には9月になって涼しくなるので、たぶんよくできると思うニャ…⁉

 

野菜はホント、作るの面白いよニャ~。。

今の野菜って、品種改良されてかなり美味しいんだけど、原始的な野菜はマズかったらしいニャ。

原始的な野菜…それは、インカ帝国の時代まで遡る!

実は、インカ帝国とニャンジャには大きな共通点があったんだニャ!

それは、農業をやってたということダニャ!!

 

インカ帝国の人々も農業をやっていた。彼らは主に、ジャガイモと豆類とトウモロコシを作ってた。…原始っぽいニャ~。。

トウモロコシって作物は、インカ帝国の人々が栽培して世界中に広まったらしいけど、このトウモロコシには、不思議な話があります。

 

トウモロコシは、本来地球上にあるはずがない植物だった…!?

そ、そんな!?

トウモロコシの種子を調べると、他のどの野菜とも違う、独自の遺伝子があり、それは突然パッと出現したとしか思えないとか。

そんなら何でインカ帝国の人々はトウモロコシを育てたの??

それは…宇宙人が地球にやってきて、インカ帝国の人々にトウモロコシのタネを与えたとかいう話も…⁉

ニャンとも不思議な話ですニャ~。。

 

nekokuro2510.hatenablog.com

 

野菜は不思議ですニャ。。

 

ニャンジャ。