読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンジャ小屋

ニャンジャの隣にはサツマイモが転がってるだけ…。

世界はニャンジャの手の中に…!?

f:id:nekokuro2510:20160704092857p:plain

先週日曜日から、アルスラーン戦記の新編がスタートしたよニャッ!!

この作品はニャンジャも好きなアニメですニャ~。

ところで…この「風塵乱舞」って、もしかしてだけど…「刀剣乱舞」からきてんの…!?

まさかね(*_*;…

 

第一話めから、面白かったよニャ~。。

中世ヨーロッパの王権争いの話なんだよね、アルスラーン戦記って。

なかなかドラマチックな展開。

アルスラーンヒルメスの、どちらが王になるのか…

一体このヒルメスって奴は何者なの??ほんとに王家の者なの?

これは見逃せませんニャ~。

今回の第一話で、ヒルメスは「刀剣」を探します。それは伝説とされてきた、誰も見たことのない刀剣で、それを手にする者が世界の支配者になるという…謎のアイテムですニャ~。

僕こういう話、すごく好きだった。

いわゆる…「ロンギヌスの槍」ダニャ!

f:id:nekokuro2510:20160704094351p:plain

実際にあるらしいんだね。キリストを刺したとされる、ロンギヌスの槍…それを手にした者は、世界を制すと言われてて…ヨーロッパの権力者はみんなこの槍を探し求めていたと…

あのヒトラーもそのうちの一人で、ヒトラーは実際に手に入れたといわれてます。ほんとかどうかは分からないけど…でもそのためにヒトラーナチスドイツの総統になり、世界を制したと…言えなくもない??

 

ヒトラーといえば、ゴルゴ13「裏切りのスワスチカ」で、「ヒトラー日記」というものが出てきますが、これもまた、世界を制するアイテムになってます。これはさいとうたかを先生の作ったフィクションだと思うけど、でも「ヒトラー日記」って名前のインパクトはすごいですニャ。

 

 

こういう話は、ヨーロッパだけのもの?でも日本にも、似たようなのがありそうだよニャ~。「三種の神器」みたいな?あれは天皇のお宝なので、どうなんだろ…?

f:id:nekokuro2510:20160704094935p:plain

 

 

それよりも面白いのは、中国だニャー。。

三国志の時代の中国は、剣が大ブームで、農民も剣を持ってたといわれてます。

剣は、武器ではなく「権力の象徴」という意味があったらしいですニャ。なので権力者は立派な剣を持つことがステータスだったとか…?

athena-minerva.net

この剣カッコいい!!欲しい~

 

あと、中国では「茶碗」と「壺」も莫大な力を誇っていた!

www.ooigawachaen.co.jp

日本の国宝には、中国で作られたものも多いのは意外ですニャ。。

でも、剣は分かるんだけど、なんで壺や茶椀が重要にみられてたのかニャ~?

やっぱりそれは、文化の違い?

でも日本は、ヨーロッパのお宝も奪ってるよね…

かのロマノフ王朝最後の皇帝「ニコライ2世」一家は、処刑されますが、その後、ロマノフ王朝の所有してた金塊500トンは、行方不明に!

実はそれ、日本軍が盗って、東京湾に沈めていたらしいんだね。

ニャンとも…ヨーロッパの歴史に、日本の影が…。

ロシアは日本に近いので、日本が絡んでても不思議じゃない…?

 

 

 

皇女アナスタシアの真実 (小学館文庫)

皇女アナスタシアの真実 (小学館文庫)

 

 

それにしても…僕はロマノフ王朝が好きで本を読んでたんだけど、ニコライ2世一家は写真もたくさん残されてたけど、ニャンというか…まさにヨーロッパの王家って感じだったよニャ。日本人がこの中に入り込む余地は……ない(-_-;;)

ヨーロッパ行きたい。

 

ニャンジャ。