読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンジャ小屋

ニャンジャの隣にはサツマイモが転がってるだけ…。

GW突入スペシャル「ニャンジャと素敵な本」③

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

 

やっぱりね…今一番、BLでウケるのは、「高校生同士の恋愛」なんじゃないかと思った。

高校生の淡く切ない恋模様を書けば、大ヒット間違いナシ?!

 


B'z「もう一度キスしたかった」

イメージ的には、Bzの「もう一度キスしたかった」って曲。

もうね…この歌詞はホント、長年お世話になってます!!

 

Bzは、BLでもあった!?

これホント。Bzの曲って、BLっぽいよね…?

もう一度キスしたかった」は歌いだしから既にエロい。

 

 眩しい夏につかまえた 強くしなやかな指先

 

この短い文章で、完全やられたに!!この歌は、稲葉さんの色気が大爆発したって感じ!稲葉さんの歌詞は、すごい好き。

僕は、Bzの曲は歌詞が良いよニャ~って思います。もちろん松本さんの作るメロディーも素晴らしいけど。(Bzの音楽は、松本さんが作曲して稲葉さんが作詞してます)

 

でもさ~…こんなこと人前で歌える日本人が、どんだけ居るの!?

90年代の稲葉さんって、メチャメチャカッコ良かったよニャ!

ニャンと言うか…抒情的?

Bzの曲には、いつも同じ2人が出てくるような気がするんだ…

BL的にいうところの、「攻め」と「受け」の2人。

でもさ…いつもこの2人、離れ離れになってしまうんだニャ~(-_-;)

 

例えば「もう一度キスしたかった」は、失恋の歌でしょ?

主人公はまだ若い、高校生ぐらいの2人…彼らは、自分の気持ちに気付いてないような、ぎこちない関係だった。

 

「もしかして俺…アイツのこと好きなんじゃ……でも俺、男で…あっちも男だし……」

って?

2人はお互いの気持ちに悩まされる日々が続く…そして、ある夏の日……

 

寂しい人ごみの街で 抑えていた恋をぶつけ合った

本気に傷つくことを 恐れない澄んだ瞳が 

雨の午前6時に 出てゆく僕を包んで

 

 

良いよニャ~。。

ずっと抑えていた気持ちを、ついに告白する。もしも、それで相手に嫌われても、傷ついても良い。嘘をつき続けるよりはマシだ。

 

どっちかと言えば、「受け」から告白したって感じダニャ。

でもBzの曲に出てくる「攻め」の人は、すごい情けない人物だと思うよ(-_-;;)

受けの人が、勇気を出して告白したのに、攻めの人はその気持ちを受け止めることもできず、朝の午前6時に逃げてくでしょ?

ホントだよニャ…

他の曲でも、攻めの人は情けない甲斐性ナシ。

 

「TIME」

こんな晴れた日は二人で 丘に登ろう 港が見渡せる丘へ どんな空が思い浮かぶ教えておくれ キスしたい気分さ 

 

あーーー……この曲はね…失恋してフラれた男の人(攻め)が、ひとりでトボトボと歩いてる。って感じだよニャ(-_-;;)

フラれた攻めの人は、過去のことを引きずりまくってるんだ。

もしも、今でも一緒に居たなら、こんな晴れた日には2人で丘に登っただろうな……

そのとき、アイツはどんな気持ちになるんだろ……すごく知りたい。俺は、キスしたい気分になる…でももう、無理か。

 

みたいな!?攻めの人は受けに依存してて、フラれたあとも受けの人と一緒に居たときの、楽しかった頃をずっと追いかけてるんだ。

多分…攻めの人はすごいだらしなくて、情けなくて、ホントは受けの人をスゴく好きだったのになにもできず、それで受けの人を怒らせて、フラれた。って気がする…。

 

フラれたあとも未練たらたらで、ずっと受けの人の幻覚を追いかけてて、どんどん落ちぶれてくって感じ…ってそれ僕のことなの!?(-_-;)

 

 

どうすれば時が戻る眩しい太陽の下で どんだけズルさを責めても静かに海は広がる

どうすれば時が過ぎる 言葉はいつも役に立たない あの日の君の声はもう僕に届かない

 

 

彼にとって大事なのは、受けの人と一緒に居た「時間」だけなんだ。

あー…だから「TIME」って曲名なのねん。え?違うの?

 

純情ロマンチカの作者の中村春菊先生が漫画にしたら、すごい名作になりそう…。

 

よっし。そんじゃ、まとめると…

Bzの「もう一度キスしたかった」と、「TIME」って2つの曲をテーマに、BL小説を書いていよう。

主人公は…幼馴染の2人。小さい頃から仲良かった2人が高校生になって、それからどうなっていくのか…って感じ…?いちおう図書館を舞台にしたいもんダニャ。

 

本が重要なアイテムに…あーー難しい(-_-;)

GW中にできるか分からないけど、頑張りますニャハァ~。。

 

ニャンジャ。