読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンジャ小屋

ニャンジャの隣にはサツマイモが転がってるだけ…。

ゴルゴ13はパナマ文書を予言していた!?

gigazine.net

今日ツイッター開いたら、何かすごいの見つけたんだけど…「パナマ文書」と言う文書が暴露されたとか?!何それ??って思い見てみると、何でも、世界の有名政治家とか、有名人が税金逃れのために架空の会社を作ってたとかなんとか…なにがなんだかさっぱりダニャ~。。

でも何かこれ、何かで見たことあるような気がしたんだ……

 

 

そうだ!ゴルゴ13ダニャ!!!

f:id:nekokuro2510:20160405105609j:plain

 

 

ゴルゴ13 150 (SPコミックス)

ゴルゴ13 150 (SPコミックス)

 

 それは、ゴルゴ13の150巻に掲載されていた「宴の終焉」という2008年の作品。この作品では、一流企業の幹部たちが、「ケイマン諸島」という島に架空の会社「シェンロン」を作り上げ、税金逃れしてたということが暴露された……って話だったと思うよ。

 

確か、2人のサラリーマンみたいな、ヒラ社員がとんでもない情報を入手し、それで、調査してくって感じでストーリーが展開していぅったような…

でも、税金逃れしてる世界的企業の幹部たちがゴルゴに、自分たちの不正となる証拠の隠滅をして欲しいと、依頼してしまうワケね。それで、ゴルゴは見事に証拠隠滅し、2人のサラリーマンはあと1歩ってとこで、世界が引っくり返るようなスクープを取り逃がしてしまったって話……

 

いやもう、まさかそのスクープが、実際に起きたわけでしょ?すごいよねホント!!ていうか、作者のさいとうたかを先生がすごいよ。

漫画で既に描いてたワケだからね。

 

ホント、ゴルゴ13って漫画は、世界情勢とか、すごい詳しく描かれてて恐ろしいぐらいだよニャ(-_-;;)

でもさ、現実にはゴルゴ13は居なかったから、この「パナマ文書」は世界に暴露されちゃったわけで……ニャンとも、面白い…?!

 

現実が漫画みたいになってるよニャ。。

 

ニャンジャ。