読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンジャ小屋

ニャンジャの隣にはサツマイモが転がってるだけ…。

スティーブンキングの小説「クージョ」を読んだ!

f:id:nekokuro2510:20160304092719j:plain

スティーブンキングの小説「クージョ」を読んだニャッ。

ホラー小説の大家、スティーブンキングの小説はこれまで「シャイニング」と「ミザリー」を読んだけど、この「クージョ」はメチャ怖かった。

 

よくスティーブンキングはこんな話をまとめたなー…って思いました。でも、話としては、母親と子供が狂犬病の犬によって車の中に閉じ込められる。ってだけのことなんだけど、その犬を中心とした人々の、色んな思惑やら人間関係やら、ほんの少しのミスが大惨事を産むっていう……

 

クージョって、セントバーナード犬の名前ね。

ただ、もし…この巨大犬が狂犬病になったら…?って考えると、ホントに怖いよなーー。

アメリカだと、セントバーナードでも鎖で繋いどかなくていいのねん

 

そういえば「魔女の宅急便」でも巨大犬が家の部屋の中で寝てたっけ。

 

f:id:nekokuro2510:20160305122957j:plain

 

クージョを読む前は、狂犬病の犬が次々と町の人々を襲いまくるのか!?って思ったけど、それじゃまるでB級ホラー映画だよぉ~(-_-::)

 

f:id:nekokuro2510:20160305123141j:plain

↑そうそう、こんな感じ。

 

スティーブンキングはすごい天才だと思ったなー。

狂犬病にかかった巨大犬「クージョ」は、元々は子供が好きな優しい犬だったんだ。

普通、狂犬病の犬なんて、もう意思とか思考能力無いように思うけど、スティーブンキングは、狂犬病の犬の目線でも書いてたんだ!!

狂犬病クージョは、のどが渇いて水が飲みたかったけど、狂犬病になると水を怖がるんだね。なので水が飲めなくなって、怒りが込み上げてくる…その怒りは誰が与えたものだ?と、クージョは目の前にいる人間を見て思います。「そうか…この男が、全部悪いのか」とクージョは怒り心頭で男に襲いかかります。

 

ここからネタバレしてしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

スティーブンキングは、子供好きって説があったけど、このクージョでは、子供、死にます(-_-;;)

サラリーマンのヴィク・トレントンとドナの息子のタッドは、クージョによって車に閉じ込められ、熱中症で亡くなります。

流石に、スティーブンキングはタッドがクージョの牙や爪で引き裂かれるシーンは書きたくなかったのかも…

まぁ、読みたくないよね。そんな話…

 

ただ、大人は容赦なく無残に殺されます(-_-;;;)飼い主のジョー・キャンバーとその友達は、ズタボロにやられます。一番ひどかったのは、見回りに来た警察官だけど…この警察官は、妻子持ちだったけど、突然クージョに襲われ、内臓は飛び出すわ食われるわで、ヒドい(-_-;;)

 

あと、意外にも、この物語で一番最低な男、詩人のスティーブ・ケンプは殺されずに済んだっていうね…スティーブ・ケンプって名前は、多分スティーブンキングが自分の名前をもじったキャラです。

だけどこの男がとにかくヒドイ(-_-;;)

テニスで負けたゲームでは、相手と握手もせずすぐ帰るような性格で、実は、ヴィクの妻、ドナと不倫してた。そして、ドナにフラれると腹いせにヴィク宛てに手紙を出して、奥さんが不倫してることを教えます。それに絶望したヴィクはドナに詰め寄りますが、ヴィクはそれでも離婚せず、許します。その後、スティーブ・ケンプは、離婚も家庭崩壊もしないヴィクとドナに怒りだし、一家が留守のとき、家に侵入して、家の中のものをメチャメチャに破壊しまくって逃げます。

もうホント、どうしようもない男だと思いました(-_-;;)

 

その後あっさり逮捕されるけど、何でスティーブンキングは自分の分身みたいなキャラをこんなにひどく書いたのか…??

 

クージョの飼い主、ジョー・キャンバーはクージョによって殺されますが、その知らせを聞いた奥さんは、むしろ嬉しそうにしてました。ジョーは奥さんを暴力で支配してたから。

 

この物語は、なんとも後味が悪かったです(-_-;;)

ヴィクとドナは、ひとり息子のタッドを失い、悲しむけど、キャンバー家のひとり息子、ブレットも父親ジョーと愛犬・クージョを失いました。

キャンバー家はヴィク達に訴えられずに済んだけど、世間からは白い目で見られると思います。ただ、キャンバー家の奥さんと息子は、そのことに気付かないで、幸せに暮らしてる様子が、哀しい気がした。

 

一見すると、キャンバー家の奥さんは暴力夫も居なくなり、息子と2人きりで暮らせるようになって、万々歳だと思います。奥さんにとってクージョはあんまり、どうでも良い存在だったようだし…

しかし、町の人はキャンバー家の人間のことを見放した。でも誰もそのことを本人に教えないんだなーー(-_-;;)

奥さんは、自分の世界では幸せだけど、社会的には、誰も救ってくれない凶悪犯罪者と同じになってしまった…

そのことに気付かず、死ぬまで自分は幸せだと思いながら生きてくんだ……

うわぁ…

 

そんな哀しい生き方だけはしたくないと思いました(-_-;;)

 

 読書日記で色んな感想などを見てみようニャ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ニャンジャ。